九州国立博物館

九州国立博物館は、東京、奈良、京都に次ぐ、4番目の国立博物館として、2005(平成17)年に福岡県の太宰府の地に開館しました。日本文化の形成をアジアとの交流から考え、また「学校より面白く、教科書より分かり易い」を目標に、文化財の収集、保管および保存修復、魅力的な展示公開、着実な調査研究、様々な教育普及などに日々励んでいます。

館長ご挨拶

九州国立博物館は、21世紀に産声を上げた若い国立博物館です。アジアとの交流といった広い視点や、親しみやすさ、地域との連携といったコンセプトを掲げ、これからも大きな成長を遂げていくよう日々努力しております。
100年以上の歴史を持つ他の国立3館と異なり、文化財の収集においてはまだまだ不十分ですが、多くの皆様からのご支援を受け、少しずつ収蔵品も充実してまいりました。
九州国立博物館の今後のより一層の発展に向けて、何卒、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

九州国立博物館長  島谷 弘幸