奈良文化財研究所

奈良文化財研究所(以下、奈文研)は、我が国の文化財を総合的に調査研究する国立の研究機関として昭和27年(1952)に創設されました。主に平城宮跡や飛鳥・藤原宮跡などの都城遺跡の発掘調査研究を通して、日本の古代国家誕生の歴史と日本文化の形成過程の解明に努めています。

所長ご挨拶

奈文研の調査研究内容は、考古学や古代史研究のみならず、建築史、庭園史、歴史資料、遺跡整備、文化的景観、保存修復科学、環境考古学、年輪年代学、遺跡探査、文化財計測、文化財写真、文化財情報学など、きわめて多岐にわたっています。
さらに、長年にわたる都城遺跡の調査研究で培った知識・技術を、全国の遺跡の調査研究と保存、整備・活用に役立てるとともに、海外の遺跡保護のための国際協力事業や技術移転にも積極的に取り組んでいるところです。
このような奈文研の活動には、国内外から大きな期待が寄せられていますが、活動資金の不足が調査研究業務に支障をきたすようになってまいりました。
そこで、このたび国民の皆さまに広くご寄附をお願いすることに致しました。皆さまの温かいご支援とご協力を賜りますよう心より、お願い申し上げます。

奈良文化財研究所長  本中 眞