TNM×CPCP
The Kōrin Kimono Restoration Project
[CLONE]

The Kōrin Kimono features a design by Ogata Kōrin.
Now, after 300 years, the garment is in need of restoration.
With your support, we will ensure this valuable cultural property is passed down to future generations.
Thank you for participating in the Kōrin Kimono Restoration Project.


*Up to 15 alphabets, your name will be listed on page "Our Donors".
*Up to 30 words, your message will be listed on page "Our Donors".
+
Add to wish list

概要

東京国立博物館と文化財活用センターは〈冬木小袖〉を修理するために、皆さまのご寄附を集めるプロジェクトを立ち上げました。
ご寄附は1,000円から承ります(1,000円単位でのお申し込みをお願いいたします)。
美しいきものの魅力を知っていただき、プロジェクトの趣旨に賛同いただけましたら、ぜひご寄附をお願いします。
〈冬木小袖〉修理プロジェクトでは、企業・団体からのご協賛も承っております。特典内容等、詳細は こちらのフォームよりお問い合わせください。

現在の支援総額 13,829,523 円 (目標金額15,000,000円)
*ウェブ・お申込書でのご寄附者数 250名
*企業協賛、東京国立博物館内募金、〈冬木小袖〉モチーフのグッズ寄附等を含む
*2021年5月7日時点

寄附金の使途
*修理費用ならびに、本プロジェクトの事業運営費として使用いたします。
*寄附金が目標を上回った場合、お寄せいただいた寄附金はすべて東京国立博物館所蔵の文化財の修理費として大切に活用いたします。

寄附金募集期間  2020年1月~2022年6月
*〈冬木小袖〉修理は2022年末頃に完了予定(新型コロナウイルス感染拡大を受け、完了時期が変更となりました)

よくあるご質問

Q. 〈冬木小袖〉はいつ、どこで見ることができますか?

A. 修理後のお披露目は、2023年以降に東京国立博物館総合文化展での展示を予定しています。
詳細が決まりましたらウェブサイト等にてお知らせします。

Q. 〈冬木小袖〉プロジェクトのイベントに参加するには?

A. イベント情報で、さまざまなイベントの詳細をご紹介しています。皆さまのご参加をお待ちしています。

Q. 寄附はいつまで受け付けていますか?

A. 2020年1月に開始、2022年6月の終了を予定しています。変更があった場合にはウェブサイト上でお知らせします。

Q. 寄附金は何に使いますか?

A. 〈冬木小袖〉修理費用ならびにプロジェクトの運営費に使用します。

Q. 〈冬木小袖〉修理プロジェクトへの寄附の方法を教えてください。

A. 本ウェブサイトからお申し込みください。
また、東京国立博物館内(本館1階11室脇の階段室)に募金箱と〈冬木小袖〉オリジナル折り紙をお楽しみいただけるコーナーを設けています。

企業協賛

〈冬木小袖〉修理プロジェクトへの寄附に関するお問い合わせ

こちらのフォームよりお問い合わせ下さい。
(順次ご対応いたします。夜間、土日祝日など、返信ご連絡に時間がかかることがあります。予めご了承くださいませ。)


 

担当研究員の思い

小山 弓弦葉(東京国立博物館 工芸室長)

当館に のこ された記録によれば、重要文化財「 小袖 こそで 白綾地秋草模様 しろあやじあきくさもよう (通称〈 冬木小袖 ふゆきこそで 〉)」は、伝来を示す巻物とともに明治期に東京国立博物館(当時は東京帝室博物館でした)が購入しました。 列品録 れっぴんろく とよばれる古い収蔵品目録によれば、当初は裏地がついておらず表地のみの状態でした。その後、展示ができるように裏地をつけて着物の形に仕立てたのでしょう。
私が初めて〈冬木小袖〉を展示したとき、写真で見るのとはあまりにも異なる いた み具合に 愕然 がくぜん としました。遠目には美しくしっとりとした秋草模様の 描絵小袖 かきえこそで ……ところが、近くで見ると、白い裏地に 並縫 なみぬ いでザクザクと縫いとめられていて、まるで 野良着 のらぎ のようだったからです。この並縫いは、当館が所蔵して以降、きものの形に仕立てられた際になされたものですが、太くて白い糸で広範囲に施され、せっかくの尾形光琳の筆使いが見えません。そればかりか、300年の時を経てすっかり弱っている絹地に、さらに負担をかけています。現状でも展示することは可能ですが、並縫いの糸が表地には強すぎて、このままですと、絹地がますます弱ることは明らかです。
光琳直筆による描絵小袖で完全な形で のこ されているものはこの1領だけです。〈冬木小袖〉を、今後、100年、200年と後世に伝えていくためには、必要な修理を、今、始めなくてはならないのです。

Object Outline

Important Cultural Property: Robe (Kosode) with Autumn Flowers
By Ogata Kōrin
L. 147.2cm yuki 165.1cm
Edo period, early-18th century (1701–1800)

The Important Cultural Property Robe (Kosode) with Autumn Flowers was designed by Ogata Kōrin, an Edo period artist who gave his name to the renowned Rinpa school.

Kōrin was born in Kyoto. He later went to Edo (as Tokyo was formerly known) and in 1709 he stayed at the house of a lumber merchant named Fuyuki family, located in the Fukagawa district. He drew this pattern for the wife of the merchant, which is why the garment is also known as the Fuyuki Kosode.

Garments with unique patterns or pictures painted directly onto the surface using ink or color were very popular among the wives of wealthy merchants. This trend explains why Kōrin was asked to draw this pattern on the kimono.

The back section features a vivid, well-balanced design of chrysanthemums, bush clovers and pampas grass. The gradations of indigo and black ink are accentuated by red and yellow shading.

The back section features a vivid, well-balanced design of chrysanthemums, bush clovers and pampas grass. The gradations of indigo and black ink are accentuated by red and yellow shading.

The Kōrin Kimono features autumn flowers such as chrysanthemums, bush clovers, bellflowers and pampas grass, all rendered using different shades of indigo. Balloon flowers unfurl across the upper section, while chrysanthemums and bush clovers bloom wildly from the waist downwards.

A glance at the overall design reveals a blank section around the waist where the obi belt was tied. KKōrin’s parents ran Karigane-ya, a kimono merchant that dated back to the Azuchi-Momoyama period (1573–1603). This probably explains how he was able to draw the pattern with such a clear image of how the garment would look when worn.

The Restoration of The Kōrin Kimono

East-Asian cultural properties are often made of fragile materials like wood, paper or silk. As such, they are prone to damage from light, heat and changes of temperature. At the Tokyo National Museum, we carefully control the heat, humidity, light, and the amount of harmful chemicals in the air to create optimal conditions for the preservation of these cultural properties, thus ensuring any wear and tear is minimized. However, restoration work is necessary if an object has suffered particular damage through the passing of time.
Periodic restoration work is vital for maintaining our cultural properties in a good condition and ensuring they can be passed down to future generations.

Tokyo National Museum has pursued ongoing remedial conservation work using funds allotted from its budget. However, budgetary constrictions have left many cultural properties waiting for restoration work.
The Kōrin Kimono has also deteriorated over the years to the point where several stains and snapped threads are now visible. There are also traces of plain stitch used during a previous restoration to reinforce damaged fabric. This is now leading to new damage.

The white lining has been sewn up in a ragged manner using plain stitch.

The ground is damaged from the collar to the shoulder area.

The restoration project will take place over a period of two years from 2020. It will begin with the disassembly of the outer fabric, followed by the removal of the previous restoration, reinforcement and repair work, and the application of a new lining. It will then be returned to the Tokyo National Museum.
We are hoping to raise 15 million yen in donations to ensure the Kōrin Kimono can be passed down to future generations. Will you help us reach this goal?

特典

オンラインで当プロジェクトにご寄附いただいた方全員のお名前またはニックネーム(希望者のみ)を ウェブサイト で顕彰します。
また、ご寄附のお礼として、ささやかながら返礼品をご用意しました。オリジナルデザインの返礼品も3種あります。ぜひご検討ください。

  ¥150,000以上 ¥50,000 ¥40,000 ¥30,000 ¥30,000 ¥10,000 ご寄附いただいた方全員
お名前の顕彰(ウェブサイト)
総合文化展チケット
(2023年度中有効)
5枚 2枚 2枚 2枚 4枚 2枚
返礼品 室瀬先生監修
箸・箸置きペアセット
江戸の手しごと
ぐい呑み(江戸切子)
江戸の手しごと
ピンブローチ(金工)
江戸の手しごと
包み袱紗(東京無地染)
風呂敷(名入れ可) 蒔絵シール

修理完了後お披露目会 ご招待 2名まで
お名前を記載した文書を
作品と共に永久保存

※手作りの返礼品は商品によってサイズ等若干の差がございます。あらかじめご了承ください。
※返礼品は郵送でお届けします(送料は当法人が負担します)。
※特典は1申し込みあたり1式のご用意です。
※お届け先は日本国内の住所に限らせていただきます。決済確認から発送まで1~2カ月ほど頂戴する見込みです。
※「風呂敷」はご用意でき次第のお渡しとなります。上記日数よりお時間を頂戴する場合がございます。
※「包み袱紗(東京無地染)」、「ぐい呑み(江戸切子)」は追加生産を行なっています。追加制作分の郵送は2021年8月以降を予定しています。
※「風呂敷」、「ピンブローチ(金工)」、「ぐい呑み(江戸切子)」(初回制作、追加制作とも)は予定数量に達したため、お申し込みを停止しております。
※上記特典の転売、ならびに当センターの了解なく営業上の販売促進若しくはそれに類すると判断される行為に使用することは固くお断りします。該当すると思われる行為が発見された際は、お申込みを無効とします。この場合、寄附金の払い戻しは致しかねます。
※定数に達する等、都合により特典の内容を変更する場合がありますのでご了承ください。

オリジナルデザイン返礼品のご紹介

ー江戸の手しごと・伝統工芸品 3種

ぐい呑み(江戸切子)

底面に3色のグラデーションで桔梗柄が彫られています。透明な液体を注ぐと模様が側面まで広がります。
※初回制作、追加制作分ともに予定数量に達したため、お申し込みを停止しております。
素材:ソーダ硝子
本体サイズ:最大径70mm×高さ60mm(桐箱入り)


江戸切子の技法の一つである「平切子」、世界レベルと謳われる0.09ミリまでの表現が可能な「サンドブラスト」という2つの技法を組み合わせた切子を制作しています。瑠璃色の江戸切子はまさに〈冬木小袖〉のイメージにぴったりでした。ぜひマイグラスとして日常使いでお楽しみください。

椎名隆行(GLASS-LAB株式会社)

ピンブローチ(金工)

桔梗や菊、萩などの秋草模様がデザインされたアクセサリーです。胸元のアクセントに、また帽子やスカーフ、バッグなどにつけてもお楽しみいただけます。
※予定数量に達したためお申込みを停止しております。
素材:銀(sliver925)※ロジウムメッキコーティング(ニッケルフリー)
サイズ:直径約2.5cm


「素材をいかすこと。思いをつなぐこと」をコンセプトにジュエリー制作を行なっています。返礼品では模様のバランスに気を配りながら光琳らしいデザインをブローチに詰め込みました。深川の技術と〈冬木小袖〉の雰囲気を身にまとい、お出かけいただけますと幸いです。

佐生真一(ジュエリーショップサショウ)

包み袱紗(東京無地染)

〈冬木小袖〉をイメージした練色と薄藍色に染めたリバーシブルの袱紗です。東京手描友禅作家の岩間奨氏による手描友禅が華やかさを添えます。
※ご好評につき、ただいま追加制作を行なっています。追加制作分の郵送は2021年8月以降を予定しています。
素材:絹100%
サイズ:36cm × 36cm


無地染めでは赤・黄・黒・紫・青の5色の染料でどんな色も表現します。練色は黄色とほんの少しの赤、薄藍色は青、紫と黒で染めました。〈冬木小袖〉のイメージに合った落ち着いた色合いで、女性はもちろん男性が使っても粋な仕上がりかと思います。特別な日や、日常生活の両方でお使いください。

近藤良治(株式会社近藤染工)

ー〈冬木小袖〉モチーフの逸品 3種

人間国宝 室瀬和美監修 箸・箸置きペアセット

光琳模様をほどこした漆蒔絵の箸・箸置きをペアセットでお送りします。


今回のプロジェクトで修理を行う尾形光琳筆の冬木小袖。そのクラウドファンディングへの御礼ということで、同じく光琳の代表作のひとつである紅白梅図屏風(MOA美術館蔵)の中央に描かれた波文様、いわゆる「光琳波」を箸置に蒔絵表現でデザインしました。唐木の箸と組み合わせることで、箸を橋に掛け、その下を流れる水を表現しています。

室瀬和美(重要無形文化財保持者(蒔絵))

〈冬木小袖〉プロジェクトオリジナルデザイン・風呂敷(約50cm×50cm)

桔梗と菊・芒のデザインを両端に配したデザインです。結び方を変えると違った雰囲気を楽しめます。お名前を入れた世界にひとつだけの風呂敷をご用意します。
※予定数量に達したためお申込みを停止しております。


冬木小袖の複製品制作のお手伝いさせていただき、その中で今回の企画の小風呂敷を染めさせていただくことになりました。尾形光琳の着物の雰囲気や柄の繊細さを壊さないようにデザインし、特に桔梗の色にこだわって染色いたしました。大切な日本の歴史をお手元に届けられるように努力いたしました。

杉下永次(染色家 スギシタ有限会社)

 

〈冬木小袖〉プロジェクトオリジナルデザイン・蒔絵シール(各4cm×4cm)

お手持ちのアイテム(携帯電話やガラスなど)に蒔絵飾りが転写できる、うつし絵シールを桔梗・菊の柄のセットでお送りします。


「うつし金蒔絵」は江戸期より、蒔絵材料の金粉を製造してきたメーカーとして、より多くの方に蒔絵の魅力を知っていただこうと開発いたしました。
蒔絵作家でもあった光琳がもし、「この秋草模様を蒔絵柄に起こすとしたら」とイメージを膨らませてデザインするのは、とても楽しい作業でした。
携帯電話、手鏡等、お好きな物に貼って、世界に一つしかない光琳好みのオリジナルアイテム作りをお楽しみいただければ幸いです。

渡邊由起子(株式会社 ジーアンドエス)

ご寄附者一覧

文化財活用センター「寄附者のお名前・メッセージ」ページでご紹介しています。
引き続きあたたかいご支援をお願いします。

問い合わせ先

国立文化財機構 文化財活用センター 〈冬木小袖〉修理プロジェクト担当

電子メール:support-us-cpcp@nich.go.jp

Information Based on the Specified Commercial Transactions

Operational Organization National Institutes for Cultural Heritage
Operational Director Kashiwada Akio, Secretary-General
Address 13-9 Ueno Park, Taito-ku, Tokyo 110-8712, Japan
Telephone Number +81-(0)3-5834-2856
Fax Number +81-(0)3-5834-2857
URL https://cpcp.nich.go.jp/?lang=en
Application and Payment Method,Other Fees Please access this page.
Time of Payment When confirming the donation.
Time of Shipping, Return and Exchange Policy None
Privacy Policy Please access full policy from this page.

Details on Preferential Tax Treatments

Taxation on Contributions

The Independent Administrative Institution National Institutes for Cultural Heritage is a designated public-service promotion corporation. As such, individuals and corporates making contributions to National Institutes for Cultural Heritage can receive preferential income and resident tax treatment separate from other general donations. Contributions to The Kōrin Kimono Restoration Project are eligible for this preferential tax treatment.
*If you pay income tax in Japan and wish to receive a Certificate for a tax deduction, please refer to the Inquiries tab to contact us after confirming your donation.

How to Apply for Preferential Tax Treatment

Please submit the Donation Acceptance Certificate or the Receipt issued by National Institutes for Cultural Heritage when filing your taxes. These documents are needed to receive preferential tax treatment, so please store them securely.

About Preferential Tax Treatments (Deductions)

Contributions to designated public-service promotion corporations are eligible for the following preferential tax treatment.

Individuals

When an individual makes donations to a public-service promotion corporation, the amount paid is treated as a "designated donation" and a certain amount is subject to tax deduction following appropriate procedures. This system allows either [the sum of total donation made during the year] or [Amount equal to 40% of total income] (Applied to the lower amount of the two) minus 2000 yen to be deducted from taxes.

Ex)

  • If total annual income is 8,000,000 yen:
    40% of total annual income = 3,200,000 yen
  • Tax deducted in this case is calculated as follows:
    If total amount of donation is 50,000 yen; (50,000 yen - 2,000 yen = 48,000 yen)
    If total amount of donation is 4,000,000 yen; 3,200,000 - 2,000 yen = 3,198,000 yen

Corporates

When a corporate makes donations to a public-service promotion corporation, the amount paid can be listed separate from standard donations to receive preferential tax deduction. In addition, the revisions to the tax system in 2012 raised the deductible amount limit to allow for a further preferential treatment.
⇒Deductible tax amount = (Capital fund x 0.375% + 6.25% of Gross Income) x 1/2

How to Donate

Payment by credit card

  1. Enter the donation amount, fill in required items(*)and select ‘Add to Cart’ on the page of the project you wish to support (donors can make multiple donations).
  2. After checking the ‘Cart Contents’ on the cart page, please proceed to checkout.
  3. Please fill in the necessary information(*).
  4. After checking all the details on the ‘Checkout’ page, please confirm your donation.

*We accept the following cards.

*Notes regarding credit card payments

  • Credit cards can only be used by the person who owns the card.
  • Payments in multiple installments are not possible.
  • As a general rule, changes cannot be made and funds cannot by returned after a payment is made.
  • The payment will be taken from the designated account on the date determined by your credit card company. Please consult the statement issued by your credit card company for details.
  • Please contact your credit card company if an error occurs after payment is made.